おでこに出来るにきび

おでこは顔の中でもにきびが出来やすい部分と言われています。特に10代の思春期に出来るにきびはおでこに良く見る事が出来ます。これには二つの原因があると考えられます。まずは一般的に思春期にはホルモンのバランスが不安定になり、特に皮脂が多く出やすいおでこににきびが集中すると言われています。もう一つの原因と...

≫続きを読む

にきびが出来にくい食生活とは

にきび対策の一つに食生活の見直しがあります。食事は毎日摂るものです。その食事の内容を考える事も、にきびを減らしたり予防したりする為にはとても大事です。にきびの原因は色々とありますが、基本的には過剰な皮脂の分泌が問題になります。ですから、皮脂の分泌を抑えたり、少なくさせたりする食材や調理方法が重要なポ...

≫続きを読む

にきびと海藻にも関係が!

にきびに悩んでいる人は、甘い物の他にも気を付ける食材があります。意外に思われるかもしれませんが、にきびが出来やすい人は海藻類もあまり食べない方が良いと言われているようです。海藻類にはミネラルなどが豊富に含まれ、食物繊維も入っているので身体に良い食材と言うイメージがあります。確かにとても良い食材ではあ...

≫続きを読む

にきびと姿勢の関係

にきびの原因の一つに姿勢の悪さがあります。しかしにきびと姿勢に関係なんかあるの?と思う人もいるでしょう。姿勢が悪く、猫背のような格好で歩いていたりパソコンに向かっている人を見掛けます。見た目も悪いのですが、猫背で姿勢が悪い事で内臓が圧迫されている危険性があります。内臓が圧迫されると血液の循環が悪くな...

≫続きを読む

にきびと生活習慣の関係

にきび予防には食生活がとても重要になります。しかし、いくら食生活を見直してにきびが悪化するような食材を避けて、にきび対策に有効な食材を摂ったとしても、それだけではなかなかにきび予防にはなりません。きちんとにきび予防をするには、食生活と共に生活習慣も見直す必要があります。では生活習慣の中の何に気を付け...

≫続きを読む

にきびと揚げ物の関係

揚げ立ての唐揚げやトンカツ、美味しいですよね。しかし揚げ物はにきびには一番悪い食べ物だと言われています。唐揚げやトンカツなどの材料となる鶏や豚に含まれている動物性脂肪は、体内の血中の中性脂肪の量を増やす働きがあります。その結果として、にきびの原因となる皮脂の分泌が促進されてしまうのです。にきびで悩ん...

≫続きを読む

にきびに悪い食事があります

にきびになりやすい人は食事にも問題があるようです。にきびに悪い食事を取っていると、いくら予防をしても効果が薄くなります。にきびに影響がある皮脂腺は、油に溶ける物質を体外に排出させる働きも担っています。ですから、脂溶性の物質は体内を通って皮脂腺に集まってくるのです。単純に脂肪分の多い食べ物の他に、スナ...

≫続きを読む

にきびに悪い辛い食べ物

にきびに悪いと言われているものの中に「辛い食べ物」があります。何故、辛い食べ物がにきびに悪いのでしょうか?辛い食べ物には、ほとんどの物に刺激物質が入っています。刺激物質を食べると胃を荒らす事があります。胃が荒れる事で内臓に負担が掛かってしまい、その結果にきびが出来やすくなると考えられています。この事...

≫続きを読む

にきびに良い食べ物を知ろう

にきびに悩んでいる人が気を付けたい事の一つに毎日の食生活があります。糖分や脂分が多い食材は避けたほうが良いのですが、反対ににきびに良い食べ物もあります。まずはビタミンAを含んでいる食材があげられます。ビタミンAは免疫力を上げてくれる効果があります。更に皮膚を再生させる働きを活性化させてくれる効果もあ...

≫続きを読む

にきびを治すには甘い物は我慢

にきびが出来ると「甘い物の食べすぎじゃ?」と言われますね。確かに昔から甘い物はにきびの大敵だと言われてきました。でも何故甘い物を食べるとにきびが出来やすくなったり、出来たにきびを悪化させてしまうのでしょう。それはケーキやチョコレートなどにたくさん含まれている糖分に問題があるのです。甘い物に含まれてい...

≫続きを読む