にきびと飲酒の関係

にきびと飲酒の関係

にきびに悪いと言われるものの中に飲酒があります。

 

もちろん、一番にきびが出来やすいと言われている思春期には飲酒は関係ありません。
しかし20歳過ぎて、飲酒が出来る年齢になってから出来るにきびには飲酒が大きく関わっていると言われています。

 

最近の傾向として、この「大人にきび」に悩んでいる人が増えているようです。

 

ある意味、思春期にきびよりも治りにくいとも言われているのです。

 

では何故飲酒がにきびに悪いとされているのか考えてみましょう。

 

まずはお酒に成分に問題があります。

 

お酒には糖分が多量に含まれています。

 

糖分は体内で脂肪分に変化して皮脂の分泌を促進させる働きがあるのです。

 

この皮脂の過剰分泌がにきびの原因になると考えられています。

 

更に、社会に出て付き合いで飲み会に行ったり、夜遅くまで起きていたりして睡眠不足が続くとにきびが出来やすくなりますが、これはアルコールの影響で内臓に負担が掛かったり、生活のリズムが崩れたりすることによります。

 

身体の健康の面からも、飲み過ぎには注意が必要です。

 

飲んでいる最中に顔に皮脂が浮いてくるのを感じたら、その場でこまめに洗顔するくらいの対応は必要だと思います。

 

思春期を過ぎて大人になってからのにきびは治りにくいので、まずは飲みすぎや食べすぎなどの生活習慣の見直しから始めてみましょう。

にきびと言えばやっぱりプロアクティブですね。
本気のニキビケアならProactiv!60日間返金保証+日米売上No.1


ただ今、背中ニキビだけでなく、こちらの商品が大人気です。
背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

にきびと飲酒の関係関連ページ

にきびとヘアスタイル
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびと肌のタイプの関係
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびと水分摂取の関係
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびの大敵、紫外線
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。