にきびと肌のタイプの関係

にきびと肌のタイプの関係

にきびには原因とは別に、その人の肌のタイプによってにきびが出来やすかったり、出来にくかったりする事があります。

 

肌のタイプはおおよそ4種類に分かれています。
まず乾燥肌の人がいます。

 

乾燥肌の人は比較的にきびが出来にくいと言われています。

 

乾燥肌になるという事は脂分が足りないと言う事です。

 

お肌の状態としてはあまり理想的ではありませんが、にきびの原因となる皮脂が少ない為ににきびが出来にくいのです。

 

次に普通肌の人、こちらは皮脂の量が多くも少なくも無いためにバランスの良い肌の状態だと言えます。

 

ただ皮脂の過分泌によるにきびは少ないのですが、ホルモンバランスや生活習慣によるにきびは出来る可能性があります。

 

次の脂性肌の人はにきびが一番出来やすい肌だと言われています。

 

にきびの原因である皮脂が多いために、こまめに洗顔するなどの対策を取らないとにきびが増えてしまいます。

 

最後に混合肌というタイプがあります。

 

これは脂性肌と乾燥肌が混在している肌の事です。

 

混合肌の場合は、頬などは乾燥しているのですが、Tゾーンと呼ばれる額から鼻に掛けての部分に皮脂が多いのが特徴です。

 

このTゾーンには特ににきびが出来やすいのでこまめに洗顔する必要があるのですが、あまり洗顔しすぎると今度は乾燥肌の部分の皮膚を傷める危険性があります。

 

このような肌の人は乾燥肌の部分と脂性肌の部分のケアを分けて、洗顔後には乾燥部分に充分な保湿をする必要があります。

にきびと言えばやっぱりプロアクティブですね。
本気のニキビケアならProactiv!60日間返金保証+日米売上No.1


ただ今、背中ニキビだけでなく、こちらの商品が大人気です。
背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

にきびと肌のタイプの関係関連ページ

にきびとヘアスタイル
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびと水分摂取の関係
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびの大敵、紫外線
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。
にきびと飲酒の関係
当サイトはニキビに関する様々な情報を紹介している総合サイトです。